比治山大学・短期大学部のキャンパスガイド2023

2023.6.26 えひめのあぷり編集部

比治山大学・短期大学部|キャンパスガイド2023

広島県広島市東区にあり、9つの多彩な学科・コースを擁する。
本校の理念「悠久不滅の生命の理想に向かって精進する」に基づき、豊かな愛情と科学的な知性を備えた心身ともに健康な人間を育成し、校訓である五訓「正直・勤勉・清潔・和合・感謝」を教育実践目標に据え、一人ひとりの学生を大切にした丁寧な教育を行っている。

【DATA】
●創立年:1994年(大学)1966年(短大) 
●修業年限:4年制、2年制
●学生数:1826名 
●主な学部:現代文化学部/健康栄養学部/短期大学部 
●独自奨学金制度:あり 
●学生寮:なし 
●学食:あり
●学費の目安:初年度納入金(入学金含む)1,205,430円〜1,399,660円 
●就職率:99.8%(2022年度卒業生) 
●試験区分:総合型選抜/学校推薦型選抜/一般選抜/大学入学共通テスト利用選抜

オープンキャンパスを開催!愛媛県からは交通費一部補助!

2023年8月5日(土)、9月3(日)にオープンキャンパスを開催。
事前申し込み制で、愛媛県在住の高校生には交通費の一部補助あり!
広島駅から無料送迎バスも運行するので気軽に参加しよう。

POINT1:主体的に行動する「4×3の比治山力」と「考え抜く力」で学生の可能性を伸ばす

大学・短大共同で「アクティブ・ラーニング」と「学修成果の可視化」を組み合わせて学べる本学独自の学修方法。
「自立」「想像」「共生」「創造」の4つのキー・コンピテンシーと12の学修スキルを身につけられる。

総合生活デザイン学科

【健康栄養学部】
・管理栄養学科:人々の生涯にわたる健康をサポートできる食と栄養のスペシャリストを目指す。

【短期大学部】
・総合生活デザイン学科:自分の暮らしを見つめて、暮らしをデザインするライフデザイナーを目指す。
・幼児教育科:付属幼稚園での豊富な実習を通して、2年間で幼稚園教諭・保育士のスキルを磨く。
・美術科:6つのコースで感性や技術を伸ばし、美術の専門性を身につける。

マスコミュニケーション学科

【現代文化学部】
・言語文化学科
日本語文化コース:日本語の言葉や文学、文化を学び、地域社会で活躍できる力を養う。
国際コミュニケーションコース:英語を中心とした外国語を習得し、国際社会で活躍できる人材を目指す。

・マスコミュニケーション学科:メディア&観光の実践的な授業から、社会を動かす力を身につける。
・社会臨床心理学科:社会と人間関係の視点から「こころの豊かさ」を創出する人を目指す。
・子ども発達教育学科:小学校・幼稚園教諭、保育士の知識を身につけ、未来に輝く子どものサポートを目指す。

POINT2:キョリが近い!

キャンパスから広島市内中心部までは約15分とアクセス良好。
さらに、学修に関してだけでなく、課外活動、健康や就職へのサポートも充実していて、「先生と学生の距離が近い」のも魅力!


POINT3:“学びたい”意欲への支援制度も充実!

学生の“学びたい”意欲を応援する経済的な支援制度も充実している。
新しく導入された、入学料が全額免除となる「入学料優遇制度」や、独自の奨学金など。
詳細はHPをチェックしよう。

<支援の一例>
●リーダー優遇制度
●離島振興対策実施地域応援優遇制度 等

POINT4:時代をリードしていく人材を育てる言語文化学科

アユタヤ大学(タイ)での英語学習はも ちろん、アクティビティが充実した12日間 のプログラムで異文化を体験

CAを目指す学生のためのエアライン 講座の一環で空港を視察。関係者エリ アでOGから話を聞ける

「日本語文化を極めるか、グローバルに進化するか」。
言語文化学科には2つのコースがあり、日本語文化コースでは、マンガやアニメなどのサブカルチャーも題材にして、日本のあらゆる「言葉」「文学」「文化」を追求。

学びを通じて自己を表現し、地域社会で活躍できる力を身につける。国際コミュニケーションコースでは、独自の英語コアカリキュラムにより、国際社会で使える英語を修得。映画や音楽なども題材にして多彩な文化・言葉から世界を考えていき、アジアにも目を向けることで英語プラスαのスキルを身につける。

POINT5:専門教育課程を刷新!総合生活デザイン学科

「生きる力」を養うために、総合的なカリキュラムの中から自分に合った学修を実施。
さらに、問題の解決手段を探るデザイン能力を養成するためチューターが個人指導を行い、履修やキャリアデザインなどを全面的にサポートする。

POINT6:「松山」で受験できる!

四国の学生に朗報! 比治山大学の入試会場は複数あり、松山市に会場が用意されている入試もある。
地元で受験できるという安心感も◎。
詳細はHPをチェックしてみて!

<入試会場情報>
【学校推薦型】
●日程:2023年11月19日(日)
●場所:ピュアフル松山(愛媛県勤労会館)(松山市宮田町132)

(【一般:前期A日程】
●日程:2024年2月1日(木)
●場所:アイテムえひめ(愛媛国際貿易センター)(松山市大可賀2-1-28)

比治山大学在校生&卒業生 Voice

\ 愛媛県出身のおふたりからのコメント /

(写真:左)現代文化学部 子ども発達教育学科/2年(今治南高等学校出身) 栁瀬 尊久さん

(写真:右)健康栄養学部管理栄養学科/2022年卒(北宇和高等学校出身) 大内 美温さん

■大内 美温さん
大学時代に、カンボジア研修に参加しました。
カンボジアの大学生へ身振り手振りで考えを伝えることの大変さや、食文化の多様性を学ぶことができました。

また、ゼミ活動では低栄養予防のために、たんぱく質摂取に注目したレシピ作成を行いました。
地域の方へ教室でレシピを配布し、レシピを作るだけではなく実践してもらえるための教室の在り方も学ぶことができました。
レシピ作成での知識は、現在も病院の献立作成・展開に活かすことができています。


■栁瀬 尊久さん
学生が欲しい支援やサポートが充実していることです。
チューター制度や先生からのサポート、サークルやボランティアなどの大学生活を充実させてくれる支援が多くありますが、特に大学の施設環境が好きです。

私の背景に写っている施設は、大学の中でも新しい施設です。
勉強するには快適な環境であり、いつも使わせて貰っています。

比治山大学・短期大学部の現役学生にインタビュー!

比治山大学短期大学部 幼児教育科 2年 大西さんにインタビューしました!

▶比治山大学・短期大学部の現役大学生にインタビュー記事はこちら

■比治山大学・短期大学部
住所/広島県広島市東区牛田新町4-1-1
TEL/0120-229-145
Email/nyushid@hijiyama-u.ac.jp

▶比治山大学・短期大学部のHPはこちら

▶比治山大学・短期大学部のInstagramはこちら