【フジ】『教えてレシピ』焼くだけじゃない、うなぎの蒲焼きで元気な夏!

2024.7.11 えひめのあぷり編集部

夏のスタミナ食材といえばうなぎ。店頭でも蒲焼きになった、すぐに食べられるうなぎを展開していますが、そのままか、丼にして食べる方が多いと思います。今回はそんなうなぎの蒲焼きに一手間を加えて、「意外だけど絶品!」という楽しみ方をご提案します。

甘辛タレでご飯がすすむうなぎの蒲焼き

店頭で展開しているうなぎの蒲焼きは、一番美味しい場所のものを提供しているので、時期により産地はさまざま。炭火焼きの香ばしさと、老若男女が美味しく感じる甘辛タレで、しっかりと味付けされています。これからの季節は脂ものってさらに美味しくなります。

シャキ食感のキュウリがアクセント「うなぎの春巻き」

シャキシャキ感が残るキュウリと、まろやかさをプラスする卵、そして弾力のあるうなぎが三位一体となって味わえる春巻き。味つけも蒲焼きのタレの味だけですが、揚げることで香ばしさがプラスされ奥深い味わいになっています。

大葉がアクセント!「うなぎのサンドイッチ」

マヨネーズと蒲焼きのタレがよく合います。トマトのジューシーさ、大葉の爽やかな香りがアクセントになっていて、後味さっぱり。うなぎが少し余ってしまった翌日の朝ごはんにもぴったりです。

世界広がるうなぎ活用術

うなぎを食べる風習(丑の日に「う」の付くものを食べると良いという風習)がある、今年の夏の土用の丑の日は7月24日と二の丑は8月5日。いつもの食べ方と合わせて、今年はアレンジして味わってみませんか?


============

詳しいレシピはフジのWEBマガジン『Honnori』にて掲載中!
▼今回紹介した特集記事全文はこちら

https://www.the-fuji.com/honnori/2024/07/13646.html

フジのWEBマガジン『Honnori』では、旬の素材を使ったレシピや毎日が楽しくなるアイデアをお届けしています。

https://www.the-fuji.com/honnori/

Instagramも更新中!

フジのWEBマガジン『Honnori』公式Instagramアカウントはこちらから
▼ ▼ ▼

https://www.instagram.com/honnori_fuji_official/

基本情報

店名

フジ 本部

住所

広島市南区段原南一丁目3番52号

電話番号

0120-125-481

営業時間

9:00~18:00

定休日

年中無休

駐車場

-