高知学園大学・短期大学の現役学生にインタビュー!

2023.6.20 えひめのあぷり編集部

より高度な専門性が求められる「食」「医療」の分野で社会のニーズに対応し、チーム医療及び地域医療に貢献できる人材の育成を目指し、2020年に開学した新しい大学です。

今回は、高知学園大学に通う松本さんにお話を伺いました。

Q1|今の大学を志望したきっかけ(理由)を教えてください

私は小さい頃から食べることや調理をすることが好きでした。
高校進学時には、調理師免許が取れる学校へ進学しました。
そこから大学への進学を考えた時、今ある知識・技術をもっと深めたいと思い管理栄養学科への進学を決めました。

私は教職も取りたかったので高知県で唯一カリキュラムがあったので志望しました。
なぜ高知を選んだかは、高知には新鮮でおいしい食べ物が沢山あるからと昔ながらの食文化が今でも続いていて魅力に感じたからです。

Q2|今の大学に入学してよかったことを教えてください

高知学園大学は担任の先生が居て、わからなかったり不安な事等何でも対応してもらえます。

大学生になるとなんでも一人で管理しなくちゃいけないと不安に思っていたので、入学して良かったな、通いきれそうだなと思いました。
高校生の時と同じように何でも相談できるところが私にはすごく合っています。

Q3|現在どのようなキャンパスライフを送っていますか

毎日1限から4・5限まで授業が埋まっていて大変です。
だけど、食のこと、教職のこと、私が学びたい取りたい資格のための勉強ができているので満足しています。
お昼休みには友達と食堂でご飯を食べたりと授業以外でも充実しています。

Q4|受験生へ大学選択のアドバイスをお願いします

自分自身の性格をよく理解して、ここなら4年間・3年間・2年間通いきることができるなと思えるか、取りたい資格が取れるカリキュラムがあるかなどをオープンキャンパスなどを通して見つけることが大切だと思います。
同じ学科・学部でも取れる資格が違うことがあります。

Q5|今の大学の“推しポイント”を教えてください

高知学園大学は新しく出来た大学なので校舎がとてもキレイです。

また、幹線道路から少し離れた緑豊かな環境の中に大学があるので、静かで落ち着いて勉強ができます。
そのため、日常生活と学校生活のメリハリをつけることができます。

Q6|将来の夢に向かって学んでいることを教えてください

私は将来、高い調理技術を持つ管理栄養士になりたいです。
そして、この身に付けた知識・技術を伝え、繋げられる人になりたいです。

その為に今管理栄養士の勉強プラス教職の勉強をしています。
毎日1限からで大変ですけど、将来の夢の実現のために毎日頑張っています。

▶高知学園大学・短期大学のキャンパスガイド2023の紹介記事はこちら

高知学園大学・短期大学の情報は公式HPをチェック!

▶高知学園大学・短期大学のHPはこちら