今治明徳短期大学のキャンパスガイド2023

2023.6.23 えひめのあぷり編集部

今治明徳短期大学|キャンパスガイド2023

今治明徳短期大学は、中国の歴史書『大学』の一節「明徳を明らかにする」を建学の精神に、東予地区唯一の総合短期大学として、創立から半世紀以上の歴史を紡いでいる。

今治の地域に根づきながら、福祉・教育・食の生活文化に関わり、地域社会が求める人材育成に努めている。新設寮もあり。

【DATA】
●創立年:1966年 
●修業年限:2年制
●学生数:115人
●主な学部:ライフデザイン学科/幼児教育学科
●独自奨学金制度:あり 
●学生寮:あり
●学食:弁当注文あり 
●学費の目安:1,782,000円~(2年間)
●就職率:91% 
●試験区分:総合型選抜(マッチング方式・自己推薦方式)/学校推薦型選抜/一般選抜/大学入学共通テスト利用選抜/社会人選抜/留学生選抜

体験授業にも参加できる!オープンキャンパス

2023年7月23日(日)、8月27日(日)にオープンキャンパスを開催。
アットホームで和やかな雰囲気は少人数制ならでは!
先生や在学生と交流しながらキャンパスライフを体験しよう。
じっくり話が聞きたい人は、個別オープンキャンパスもあり。

▶今治明徳短期大学のHPはこちら

POINT1:他者と学び合うことで自分らしさを磨ける

ライフデザイン学科の4コース、幼児教育学科ともに将来を見据え、地域のニーズに応じた新しい学問・技術を習得し、人類の文化や福祉の発展に貢献することを目的としている。

●ライフデザイン学科
・介護福祉コース
・食物栄養コース
・調理ビジネスコース
・国際観光ビジネスコース

●幼児教育学科

POINT2:明短×FC今治分野を越えたコラボ授業

FC今治の選手やスタッフを講師に迎え、専門科目だけでは得ることができない「未来を切り開く力」「自己実現につなげる力」を育てることを目的としている。

2022年度は、食物栄養コースでは、選手の食生活を学んで目的に合った食事を提案する力、調理ビジネスコースでは、地元食材を使用したメニュー開発などを通して手作りの楽しさを伝える力、幼児教育学科では、家庭では経験できない親子の触れ合いと豊かな体験を提供する力を養うことを目的に実施。

POINT3:明るい未来のために地元を支える人材を育成

地元企業を訪問し、フィールドワークを取り入れた授業も展開。
現場まで足を運んで生の情報に触れることは、地域社会との関わりにリアリティを持って理解することができる。また、地元の漁師・藤本純一氏や左手のピアニスト・智内威雄氏を講師に迎えた授業も取り入れ、深い学びが得られる。


POINT4:学校紹介&動画制作などプロモーションクルーが活躍!

一昨年4月に結成したばかりの学生による広報メンバー「プロモーションクルー」。
活動は多岐に渡り、オープンキャンパスで学校紹介を担当したり、地域の魅力を映像にする「撮り旅」や「CM大賞」に挑戦したり、地域の観光PRにも情熱を注いでいる。

今治明徳短期大学の現役学生にインタビュー!

今治明徳短期大学 幼児教育学科 2年 安藤さんにインタビューしました!

▶今治明徳短期大学の現役大学生にインタビュー記事はこちら

■今治明徳短期大学
住所/今治市矢田甲688
TEL/0898-22-7279
E-mail/info@meitan.ac.jp

▶今治明徳短期大学のHPはこちら

▶今治明徳短期大学のInstagramはこちら